婦人

小難しい不動産売却で頭がパンクしそうなら|ココで知識を得よう

再開発エリアの物件の動向

マンション

渋谷は駅前の再開発が注目されるエリアです。今後のさらなる発展が予測される中で、マンションの売却を急ぐ動きも出ています。と言うのも、これから新規にマンション建設が進むことが予想されますが、渋谷をはじめとして都心部からの人口の流出が顕著になっているからです。つまり、新築マンションは注目されるものの、中古市場は物件が溢れて値崩れを起こす可能性が指摘されているのです。そのために、開発が行われているうちに売り抜けようとする人が増えています。あるいは新たに誕生するマンションへの住み替えを検討する人も多くいます。いずれにしても、売却を予定しているのであれば、検討するのは早い方が良いとの見方が濃厚ということです。

渋谷やこれから大きく変化を見せるエリアです。東横線の地下化に続いて、駅前広場も地下へと移る予定です。ハチ公前は広くなり、新たにバスターミナルが出現します。そして駅前には大型のオフィスや商業ビルも建設されることになります。大きく姿を変える再開発ですが、ひとつの特徴として居住エリアは決して広がらないということです。これは渋谷の利便性の高さは評価されても、元々不動産相場の高い渋谷での居住人口の増加は想定されていないということです。それも近年のマンション売却の加速につながっています。ただし、この売却が増えることにより渋谷の不動産価値が下がることは想定されてはいないものです。商業都市としての価値が高まることから、地価はさらに高まることが予測されます。