婦人

小難しい不動産売却で頭がパンクしそうなら|ココで知識を得よう

賢い物件売却方法

集合住宅

売買仲介業者の特徴

マンション売却に際しては、物件の売主と買主を仲介する売買仲介業者を使うのが一般的となっています。売買仲介業者の役割は、まず第一にマンション売却をしたいと考えている雇用主のために市場でマーケティングを行い、買い手候補を見つけてくる事です。買い手候補が見つかった後の役割としては、売り手と買い手の間に入って、マンション売却に必要となる契約書の作成や交渉作業の仲介作業を行う事となります。売買契約に関する契約書の作成が終わり捺印まで完了すると、あとは売買代金の受け渡しを行いマンション売却は完了します。売買仲介業者はこうした一連の流れの最初から最後までを雇用主のために行うのが役割となっており、その対価として売買が成立すると仲介手数料を受領します。

仲介業者が人気の理由

マンションの売却を行う際に、売買仲介業者を雇わなければならないという決まりは無く、実際こうした仲介業者を経由せずにマンションの売買取引が行われるケースは存在します。しかしながら、こうした仲介業者を挟まない売買取引の大半は、売り手および買い手が共に機関投資家等の名の知れた投資家が行っている取引です。こうした投資家は自らのネットワークを使って取引相手を探してこれるので、わざわざ仲介業者を挟む必要がないのです。しかしながら、一般個人がマンション売却を行う場合、買い手候補を見つけられるような不動産業界内のネットワークを持ち合わせていないケースが殆どです。従って、個人でマンション売却を行う場合は、仲介業者を雇用するのが無難でしょう。